グレニーグルス院

所在地 : #03-31, Annexe Block
Gleneagles Hospital
6A Napier Road S258500
TEL : (65)6474-7707
FAX : (65)6474-4391

外来診察受付時間
平日 (午前) 9:00〜12:00 (午後) 2:00〜5:30
土曜 (午前) 9:00〜12:00
一般外来はご予約不要です。
Press enter to begin your search
 

婦人科健診

婦人科健診

検査項目のご案内

日本メディカルケアーでは以下のコースを提供しています。婦人科系の疾患は無症状のまま進行していることがあります。定期的な検査で初期発見と治療を目指しましょう。

コース選択の目安となる検査の特徴
子宮頸がん検診(子宮頸部細胞診):子宮頸がんは、高齢者だけでなく20~30歳代の若い女性にも多いがんで、30歳代後半がピークとなっています。子宮頸がん検診(子宮頸部細胞診)は、子宮頸部のこぼれた細胞をブラシで取るだけで、レントゲンも薬も使わず、痛みも特に無い検査ですが、実際に細胞を顕微鏡で調べるので、ごく初期のがんを見つけることができ、検診の優等生とされています。子宮頸がんは、早く見つかれば子宮の入り口を少し削るだけで治ってしまう病気で早期発見が重要なので、20歳を過ぎたら、最低でも2年に1回子宮頸がん検診を受けることが推奨されています。

ABCD
産婦人科医の診察
子宮頸がん細胞診
乳房触診
子宮超音波検査
乳腺超音波検査
マンモグラム
日本語レポート
検査後の健康相談
HPV DNA テストオプション検査

HPV DNA検査:ほとんどの子宮頸がんは、ヒトパピローマウイルス(HPV)の感染がきっかけで起こります。特にハイリスクタイプのHPV Type 16やType 18に感染している場合は、子宮頸がんに将来かかるリスクが高くなりますので、通常よりこまめに子宮頸部細胞診を受けることをお勧めしています。ハイリスクタイプのHPVに感染しているかどうかを調べるのがHPV-DNA検査で、子宮頸部細胞診と同時にできますので、将来の子宮頸がんのリスクを知りたい方に適しています。

子宮超音波検査:子宮や卵巣の位置、大きさ、子宮筋腫や内膜の異常、卵巣腫瘍の有無やその種類、子宮周囲にたまった腹水や血液の有無、排卵の予想など多くのことがわかります。放射線を使う検査が出来ない方にも行える検査で、子宮体がんや、卵巣がんが気になる方にお勧めします。

乳腺超音波検査:乳腺超音波は、数ミリの手に触れないしこりを見つけ出すことができます。小さいしこりを検出する能力は、マンモグラフィより高く、特に高濃度乳腺の方は、マンモグラフィと併用することによって、乳がんの発見率を高めることができます。また、放射線被曝を避けたい妊娠中の方、40歳未満の若年の方、乳房の圧迫に耐えられない方、強い乳腺症などで良好な撮影ができない方、頻繁に検査をする必要のある方なども、超音波検査をお勧めしています。

マンモグラム:レントゲンを使う検査で、乳がん検診のスタンダードです。特に、乳がんの初期症状の1つである石灰化を見つけることを得意としており、まだしこりになる前の非触知がんを見つけることできます。40歳以上の方に推奨されており、特に閉経後で乳腺が萎縮し、乳房の多くが脂肪に置き換わっている方や、乳房が大きく深部まで超音波が届かない方などに適しています。